たぬきの映画日記

映画メイン。あとは日常つらつら

【Netflixオススメ映画】どうしてもピエロの衣装が脱げない!「クラウン」感想

Netflixで「クラウン」を見ました。


f:id:kasumigaseki0822:20171031085915j:image

 

監督は「スパイダーマン ホームカミング」のジョン・ワッツ
不運なことにいわくつきの衣装をうっかり着てしまい、ピエロのモンスターに変身していくお父さんの物語です。

グロいのやピエロが苦手な人はやめた方がいいかも。

 

衣装を着た理由がお子さんを喜ばせるためだったのが泣ける……(;_;)

 

息子の誕生日パーティーは大成功、さて衣装を脱ぐかと思ったらぴったり体に張りついて脱げません。
カッターや電ノコを使ってもびくともしない。
さらに白塗りのメイク、カラフルなカツラ、真っ赤なつけ鼻も全部外れないのです。

奥さんが無理矢理つけ鼻を外したら、鼻の皮膚ごとベリベリベリ!(いたーい!)
これじゃあ、髪の毛や洋服を外そうとしたらどうなることか……。

 

さて、ピエロの衣装が脱げなくなっただけなら、不運なだけでホラーにはなりません。
開き直ってピエロとして生きていく選択肢もありますもんね(笑)

でもそれだけじゃないんです。

 

衣装の元の持ち主を探すうちに判明する衝撃の事実。
なんと、ピエロは子供を食べるんです!

 

スパイダーマン ホームカミング」は、子供達が活躍する明るく健全な雰囲気の夏休み映画でした。
しかし「クラウン」では「いいの?怒られない?」と心配になるくらいグロテスクに子供が殺されまくる。

 

監督の撮る映画って、ふとしたカットに「放課後」らしさを感じるんですよね。
みんなが家に帰ってしまって、ぽつんと学校に1人。
広くて静かな廊下や教室にどことなく不安を感じる。
この感覚って、大人になると久しく忘れてしまうものなんじゃないでしょうか。
スパイダーマン ホームカミング」でも、その感覚を思い出すカットがいくつもあった。

で、「クラウン」ではその「放課後感」がホラー的演出にうまい具合に合致してるんですよね。


特にゲームセンターの大きな遊具の中で、弟を探すお兄ちゃんのシーン。
誰もいなくなって遊具の中に1人残されるのは怖い。
さっきまで楽しく遊んでいたはずなのに、早く帰りたくて仕方なくなる。
そこで出会うのは……。

なんて素晴らしい一連のシーン。

 

ピエロの裏設定とかホラーにありがちな登場人物たちの考えなしさだとか、「なんじゃそら!」って失笑してしまう部分もないわけじゃないですが、
その荒唐無稽さこそが魅力の映画です。

 

同じくピエロが出てくるホラー映画「IT」も公開されることだし、今のタイミングで見るのがいいと思います。

 

とりあえず

教訓、人のものは勝手に使うな。
以上!「IT」楽しみですね~。