読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を食べるたぬきのブログ

映画メイン。あとは日常つらつら

決別!幸せの青い鳥はずっと近くにいたのだ「ガーディアンズオブギャラクシー:リミックス」感想

待望の「ガーディアンズオブギャラクシー:リミックス」を見てきた。

ネタバレ全開で語るので、見てない方はご注意を。(3月のライオン後編、クレヨンしんちゃんの新しい映画のネタバレもちょろっと)


f:id:kasumigaseki0822:20170513081556j:image

おかえり!!

と叫びたくなる。親しんだ彼らが目の前の大きなスクリーンで暴れているのを見ただけで、切なくなるくらいに嬉しかった。

それだけでも公開日に足を運んだ甲斐があったというものである。

 

内容もめちゃくちゃ面白かった。

出会いや仲間になるまでを描くのがメインだった前作と比べると、個性豊かな面々の冒険やサバイバル、気の抜けたやりとりなどの日常がこれでもかと詰まっていて、息つく暇もない。

それでいて今までに見たことのないようなビジュアルイメージを見せつけてくれるところも健在だった。

ワンカットワンカット、すべてが新鮮。

これぞガーディアンズオブギャラクシー。期待通りの面白さだった!

 

特にヨンドゥとロケットの戦闘描写は抜群にテンポがいい上に視覚的工夫が盛りだくさんで、ひたすらカッコよさに悶えた。

その二人が一緒に戦うシーンなんて最高だよね。

ロケット、そんなに強かったのね。

歌を口ずさみながら待ち構えて、楽しそうに人を狩る。

あんまりシビれる描かれ方で、今作でついに推しキャラをロケットに決めた。

 

で、ヨンドゥ。

 

思い返してみると、「スターウォーズ」シリーズは血筋の物語である。

ルークはアナキンの息子として生まれ、そのジェダイの才能を受け継いだ。

カイロ・レンや、レイだって多分そうだ。フォースの強さは遺伝なのである。

ルークは父親の呪いに苦しめられながら、父親と同じようにジェダイになり、父親とは違う選択肢を選ぶ。

離れていても、アナキンが死んでも、いつも切っても切れない父親の影が付きまとうのだ。

「父さんを救うんだ」「もう救ってくれた、ルーク」と二人は最後に和解する。

初期三部作は父子の和解の物語だった。

 

一方、今回の「ガーディアンズオブギャラクシー:リミックス」はどうだろう。

ピーターは遠く離れたところに暮らしていた父と再会する。

「お前の父さんだ」なんて、スターウォーズを彷彿とさせるじゃないか。

しかし、ピーター・クイルは父と決別する。

それどころか父親を殺すのだ。

そして、血のつながらない育ての親を父親として尊敬し、思いやるのである。

血のつながりが絶対ではない、受け入れがたい運命から逃れられると示している。

 

最近、血のつながった家族だけが絶対的ではないと訴えかけてくる映画が多い。

私が今月見ただけでもすでに2本あった。

1つは「3月のライオン 後編」である。
f:id:kasumigaseki0822:20170513084329j:image

三姉妹の決断はすごい。なかなかあそこまで勇気を出して、かつて家族だった人との縁を切れるものではない。

 

もう1つは、「クレヨンしんちゃん  襲来宇宙人シリリ」である。
f:id:kasumigaseki0822:20170513084608j:image

(宮迫博之さんマジで声優すごかった)

 

この2本の映画に出てくる父親2人は、劇中で子供と和解するシーンがない。

どうしても相容れない価値観を持った親とその子供は、和解しなくてもいい。

そして、どちらの映画でも血のつながらない擬似家族が幸せそうにする姿が描かれていた。

欧米は確実に近年多様な家族のあり方を認め、呈示していこうとしているが、家父長制が深く染み付いた日本にもそういった価値観が浸透してきている。

優しい流れだと感じる。

 

ガーディアンズオブギャラクシーでピーターは、血のつながった父親と決別し、血のつながらない父親に感謝し、そして血のつながらないハチャメチャ個性豊かな家族たちとこれからも旅を続けるのだ。

優しい映画だ。

 

ラストカットよくやってくれたとか、これはロケットの映画だとか、クラグリンかわいいとか、ベビーグルート思った以上にかわいいとか、クライマックスのピーターの回想シーンマジ泣けたっす、3月のライオン後編でも似た感じでやっててちょい被ってたけどもどっちも泣けたっす、タイトルの一連の流れ最高っす、とかいろいろ言いたいことあるんだけど。

というか一個言わせろ、スタローン登場シーン短いながらもカッコよすぎてな。

とかとかいろいろキリがないわけなんですが、3Dでも見たいし吹き替えでも見たいから多分またいくんですが、

最高に楽しかったです。おかえり、また会おう、ガーディアンズ!

 

サントラヘビロテだ~~。