読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を食べるたぬきのブログ

映画メイン。あとは日常つらつら

2017年3月気になる映画

3月は春なのか冬なのか。個人的には春のイメージかな。卒業式は春がいい。

3月公開の気になる映画紹介です。

 

3月4日

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

f:id:kasumigaseki0822:20170302123505j:plain

センスのいいコピーとポスターデザインに惹かれて。主題歌の平井堅「僕の心をつくってよ」も相まって傑作の予感。これこそドラ泣きなるか。

以下、他パターンのポスターデザイン。ドラえもん映画でこれをやるの、すごい。

f:id:kasumigaseki0822:20170302124038j:plain f:id:kasumigaseki0822:20170302124048j:plain

f:id:kasumigaseki0822:20170302124109j:plain f:id:kasumigaseki0822:20170302124143j:plain

f:id:kasumigaseki0822:20170302124211j:plain f:id:kasumigaseki0822:20170302124238j:plain

f:id:kasumigaseki0822:20170302124308j:plain

最後の一枚なんか、ドラえもんキャラクターが1人も描かれてない。

見れば見るほど、聞けば聞くほど、映画としての本気が感じられて、楽しみでしょうかない。これは久しぶりにドラちゃんと映画館で会うべきタイミングかもしれない。

 

もちろん、映画に合えばいいなとは思っていましたが、無理に気に入られようという気持ちは排除して、きれいごとじゃないラブバラードにしようって思ったんです。ずるさとか、言葉として100パーセント清らかじゃないフレーズを入れたくて、その部分は僕の中で貫きました

平井堅、“ドラえもん”に「媚びないこと」がテーマ 主題歌に込めた思い - エキサイトニュース

うお~みんな本気だ。楽しみだね。

 

3月10日

「モアナと伝説の海」

f:id:kasumigaseki0822:20170302125034j:plain

アナと雪の女王」「ズートピア」に続くディズニー最新作ということで、期待大。特に楽曲の良さはもう保証されたも同然だからな。

主人公モアナの日本語吹き替えは沖縄出身の新人・屋比久友奈さん。彼女の歌声も見所のひとつ。

f:id:kasumigaseki0822:20170302130028j:plain

モアナとマウイの恋愛描写はあるのかな?

白雪姫から近年のラプンツェルに続くようなディズニープリンセスの「恋愛至上主義」展開から脱却して欲しいなあという思いがある。

女性が主人公なら恋愛は不可欠、とでもいうような。

「アナ雪」姉妹愛がメインテーマで、クリストフとの恋愛はおまけという革新的な作品だった。(カーズのマックイーンがサリーと結ばれる、程度のエッセンス)(そこに恋もある、程度の描き方)

ズートピア」は人種の違いや差別を掘り下げたテーマ性と、対等な男女のバディームービーという点では最高だったけど、やっぱりそこに恋愛が発生する着地にちょっとがっかりしたのも記憶に新しい。

メリダとおそろしの森ディズニープリンセス作品でありながら恋愛要素一切なしの異色作品であったが、興行伸びず。

というわけで「女はやっぱり恋愛」ではない作品が新たに生まれて欲しいという思いと、マウイのようなとても美形「かっこいい」とは言えない(失礼)顔立ちの王子様が生まれるというのも、また革新的なんじゃないかという思いがぶつかってるんだよなー。

そもそもがディズニープリンセスこそ「見た目至上主義」というかまあ当たり前なんだけど映画のヒロインって美女しかいないわけで。

というわけでどっちにしろ新しい何かを期待してます。見に行く。

 

3月11日

f:id:kasumigaseki0822:20170302131407j:plain

いきなりみんなが國村隼を怖がり出したと思ったら、韓国でこんな映画が公開されていた。もはや語り継がれているレベルの國村さんの怪演に震えるために映画館に行かねば。

実を言うと韓国映画童貞なので、これにて卒業予定。

 

3月17日

「SING シング」

f:id:kasumigaseki0822:20170302131746j:plain

待ってました!!!

大好きなイルミネーション・エンタテイメントの最新作で、音楽映画で、「負け犬たちのワンスアゲイン」ものってだけで100点の3乗なのに、吹き替えキャストが発表されるたびにワクワクが上乗せされていくよ。たまらん。

主人公コアラに内村光良さんがキャスティングされたときは「そう来たか!」と思ったもんな。そっからはウッチャンにしか見えない。

日本語吹き替えキャストをずらっと見ていくと、明らかに歌唱シーンに特化した布陣。会話シーンはどうなんだとかいらん心配はいいんですよ。やっぱCGアニメは芸能人吹き替えがほしい。一気にキャラクターに愛着が湧くから。歌唱シーンに関しては一切の不安がないわけですもん。いいじゃんいいじゃん!

もちろんマシューマコノヒー&タロンエガートンは大好きだけど、CGアニメは、吹き替えで見るって、決めてるんです。絶対見に行く。

 

3月18日

3月のライオン 前編」

f:id:kasumigaseki0822:20170302132706j:plain

いつもの神木隆之介さんが見れそう。

2017年の漫画実写化作品、「ジョジョ」とか「ハガレン」とか「銀魂」(これ結構楽しみ)危惧されているものもたくさんあって、TLでは「ついに固定ファンもいかない実写化の時代が来た」とか言ってたけど、きっとこの作品は外れないんじゃないか。

だってキャストを見てくれよ、日本映画として全力を出してないか。

何より「バクマン」の神木隆之介さんだよ。

昨年の「ちはやふる」の時の感覚をもう一回与えて欲しい。

昨年末公開された「聖の青春」と合わせて見るのもよさそう。

 

3月24日

f:id:kasumigaseki0822:20170302133223j:plain

はいはい見に行きますよ案件。

監督は「イミテーション・ゲーム」の人なのか。好きな作品なので楽しみ。

 

3月25日

キングコング 髑髏島の巨神」

f:id:kasumigaseki0822:20170302133659j:plain

なんだこのポスターは!最高でしかない!

日本の特撮、アニメ、漫画、ゲームを愛した監督のオタク度は、「シン・ゴジラ」の樋口監督が涙するほどらしい。

eiga.com

ポスターを手がけたのは怪獣絵師の開田裕治さん。

一目見て「すばらしい!」と絶賛した監督の今後の活躍に期待したいね。

ちなみに日本語吹き替えキャストに対しての批判も多少見たけれど、GACKTさんは大丈夫。マジで安心して欲しい。GACKTさんは大丈夫だから。

 

あとは「アサシンクリード」「エイミー、エイミー、エイミー!」「チア☆ダン」「ひるね姫」なども気になるところ。

一本一本の楽しみ度が高いな~。今月。

見逃さないように計画的に鑑賞していきましょ。