映画を食べるたぬきのブログ

映画メイン。あとは日常つらつら

1月後半読んだ本etc.

2017年1月後半に読んだ本。基本Kindle

 

31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる (ウィングス・コミックス)
 

彼氏ができない、結婚したい=婚活になかなかつながらないなあ。周りにしてる人がいるかいないかで大分ハードルの高さ変わってきそう。

結果としていい人に出会って幸せになってるわけなので、侮れない。

旦那さん側が書いたバージョンも出てるっぽいね。

 

女子をこじらせて

女子をこじらせて

 

昨年11月に亡くなった雨宮まみさんにはじめて触れた。思ったよりずっと共感してしまった。

男になりたいわけじゃないけど、女になれない。女として侮られたくないけど、女として魅力的に見られたい。

「こじらせてる」ってそういうことだったのか。漠然と言葉のイメージだけで捉えていたけど、バックグラウンドを知れた気分。

若い頃、WEB上で自己紹介するとき、「生物学的には女」ってよく書いたね。あれ、半分冗談で、半分本気だったね。「女」として胸が張れなかったんだよな。

腐女子あるあるとして黒歴史的に処理されがちだけど、モヤモヤぐるぐるした自意識がそこにあったこと、忘れたくないね。

雨宮まみさん、他の本も読みたい。

 

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

 

kindle unlimitedで読み放題だったので。

ハリーポッター、全巻のうちどれが一番好きかと聞かれたら、今も昔も賢者の石を選ぶなあ。

マグルの世界でいわゆる「普通」の生活をしていたハリーが、はじめて魔法・魔法使いたちに触れ、自分のルーツに気づく。

ダイアゴン横丁やホグワーツにはじめて足を踏み入れたときのワクワク感といったら!!

「ファンタスティックビースト」でも、ノーマジのコワルスキーの目線で同じワクワクが味わえたよね。

ウィーズリー家みんなかわいい~パーシー~ロン~。

続きもどんどん読むし、映画も見返したいな。

 

ついでに1本しか見てないので1月後半に見た旧作映画。

 

 アメリカ自然史博物館を飛び出して、もっと広大なスミソニアン博物館へ。こうなったらもうなんでもあり。ダースベイダーまで出てくるトンデモ映画。

なんとなく小綺麗にまとまってて、万人受けする感じだった前作(そこがいい)と比べて、より「ベンスティラー感」が強まってる。これもいい。

息子やルーズベルトの出番が少なかったのは不満だけど、エイミーアダムスのおしりがぷりぷりすぎてエロいのでこれはこれでいい。むしろいい。

 

あとは久しぶりにニコニコ動画クラッシュバンディクーの実況を見たりしてました。

また次回~。