読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を食べるたぬきのブログ

映画メイン。あとは日常つらつら

満員電車も自分のせいだと思え

入社半年ちょいで2枚目の始末書を書いた。

書き方がわかっている自分が情けない。

簡単に言うと、免許証の更新をサボっていたのがいけなかった。

準備不足確認不足はいつものこととはいえ、免許証さえ有効だったらなんの問題もなかったはずだった。

人より抜けてる自覚があるし、いつも何かやらかさないかとビクビク怯えているのだから、人よりもっとずっと万が一に備えておくべきだと改めて反省した。

こんなもっともらしいことを言っても、後の祭りなのだけれど。

 

理屈はわかる。頭も別に悪くはない。向上心はもってるし、好奇心は特に旺盛である。

しかし、言われてしまった。

「もったいないよー!」

「せっかく頑張ってるのに、うっかりミスで評価落とすのは」

「安心して見ていたいけど、心配になっちゃうよ」

いやもうほんとその通りだと思います。

今までいろんな場面でいろんな人にそう言われて、でも何をどうしたらいいのか、手を抜いてやっている気はないのにそうとられてしまうのはどうしてなのか、

全くわからなくてやりきれなくなった。

そして最近の私はその理由について掴みかけていて、うっかり言いたくなった。

いやいや、思い直す。言い訳でしかない。

理由がしっかりあろうが、事実は事実。結果がすべて。

 

なにをどう頑張っても忘れたりなくしたり後回しにしてしまう私は、

常々人の呆れ顔に触れ、諭される。

私のだらしなさに腹を立てる人もいる。

そして、書いていてほんとうに情けないことに、そういった他人の私に対する感情を、すごく理不尽だと感じてしまう。

満員電車でやむを得ず前方の人を押しつぶしてしまい、その人に「押さないでもらえますか」と怒られた時みたいに。

申し訳ない。

迷惑をかけてることはわかってる。

でも私の意志とは関係ないところで起こる。

どうしたらいい?意識じゃ変えられない。

 

今日は免許証をやっと更新してくる。

そして、私のやり方を探しながら、頑張る。