読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を食べるたぬきのブログ

映画メイン。あとは日常つらつら

短所に名前がつくかもしれない

雑記

なんでこう、私は...と思う。

ケアレスミス、忘れ物、時間管理できない、空気が読めない。

毎回毎回自己嫌悪に苛まれる。

でも、私が苦しんでるなんて伝わってないのかな。

社会を舐めてるだらしないやつと思われてるのかな。

まだ、この短所に名前がついてるわけではない。

ほんとにただの短所なのかもしれない。

私の努力が足らないだけで、頑張れば直るのかも。

だから、説明してわかってもらいたい気持ちもあるけど、図々しいんじゃないかとか、自意識過剰なんじゃないかとか思って、正しい振る舞いがわからなくなる。

こんな私なのに。

こんな私なのに、仲良くしてくれた人や、大切にしようとしてくれてる人たちに感謝してもし足りない。

短所に名前がつくかもしれない、自分ではどうにも出来ないのかもしれない、人と違ってるのかもしれない、と気づいてしまった。

人とは違う特別な才能で花開かせたかった。

そうずっと頭の片隅で思っていたのは、人とは違う特別な欠陥(と私は感じてるもの)を、素敵な何かでカバーしたかったのかもしれない。

それとは別に普通にしっかり幸せに生きられるなら、特別な才能が認められなくても、理想的な人生だなあとも思っていた。

まさかそれさえ、高望みなのかな。

社会人1年目、まだ終わってない。

どうしたらいい。

どうしたらいい。