読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を食べるたぬきのブログ

映画メイン。あとは日常つらつら

5月見たい映画覚え書き

4月やらなかったら見る映画の取捨選択がうまくいかなかったので、今月はやります。

5月特に見たい映画挙げていくよ。

 

5月5日公開

「カフェ・ソサエティ
f:id:kasumigaseki0822:20170427013900j:image

ウディアレン監督最新作。ジェシーアイゼンバーグとの取り合わせがしっくりきすぎている。

ウディアレンの映画って、少し苦手なイメージがあるのだが、なんだかやっぱり惹かれてしまう。

見るなら劇場で見ておきたい。

 

 

5月12日公開

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー  リミックス」
f:id:kasumigaseki0822:20170427013916j:image

物議を醸し出したこの邦題も私は好きだ。

人生ベストに挙げる人も多い前作に負けず劣らずの、陽気でハイセンスな音楽配置とキャラクターの活躍を期待する。

というか今年MCU作品多すぎる脳みそが追い付かないもうすぐスパイダーマンだもんな!

 

「スプリット」
f:id:kasumigaseki0822:20170427013928j:image

「ヴィジット」で片鱗見せていたがM・ナイト・シャマラン完全復活ということで。

めちゃめちゃ期待してるがその上をいってほしい!

 

5月13日公開

「バッドバディ!私とカレの暗殺デート」
f:id:kasumigaseki0822:20170427014220j:image

銃を構えるアナケンの可愛らしさと凶悪さにやられたため。

 

マンチェスター・バイ・ザ・シー
f:id:kasumigaseki0822:20170427013939j:image

オーシャンズ11」からのケイシー・アフレックファンとしては、彼がアカデミー主演男優賞を取った今作を見逃せない。

泣いたベンアフ兄ちゃんのためにも素晴らしい傑作であってほしい!

 

5月19日公開

「メッセージ」
f:id:kasumigaseki0822:20170427013949j:image

マグリットの石」みたいだなと思った第一印象。


f:id:kasumigaseki0822:20170427015600j:image

これは「現実の感覚」というタイトルの、マグリットという画家が描いた作品。

似てない?

浮くはずのない石が宙に浮かんでいるというあり得ない出来事を表している。

ちなみに「マグリットの石」という藤子不二雄の短編もあって、この絵画をモチーフにしているらしい。読んでみたい。

 

SF大作としてかなり評判が高く、予告編のなかに「インディペンデンスデイ」を思わせるワンカットもあったりでかなりの期待度。

 

夜明け告げるルーのうた
f:id:kasumigaseki0822:20170427013959j:image

夜は短し歩けよ乙女」に続いて短期間で湯浅正明監督の最新作がまたもや公開。

映画館の椅子で再びアニメーションの世界へトリップさせてもらえるのを楽しみにしている。

「夜は短し~」に「ルー」のキャラクターたちがチラッと出てたりもしたような。

 

5月20日公開

「夜に生きる」
f:id:kasumigaseki0822:20170427014012j:image

ベンアフ兄ちゃん監督&主演作。

最近彼は「バットマン」絡みのゴタゴタが目につくが、一方で「コンサルタント」という良作で名キャラクターを演じてたりもしたので、否応なく期待してしまう。

そもそもBvSも好きだったぞ私。

 

5月26日公開

「美しい星」
f:id:kasumigaseki0822:20170427014023j:image

この5月は「死んでも見る」作品がいっぱいあるわけだが、とりわけこの作品は何があっても見に行きたい。

原作、監督、キャスト、予告編……何もかも期待を削ぐような要素がゼロ過ぎて、見る前から今年のベストに数えたいくらいである。

リリーさんはほんと見るたび「こんなリリーフランキー見たことない」と思わせる役者だからな。そもそも役者でもなかったはずなのにな。もう日本映画、リリーさんなしでは味気ないな。

 

というわけで取り急ぎ5月の見たい映画チェックでした。

この他「追憶」「赤毛のアン」「光をくれた人」なども見たい。

GWの混雑に負けず、観賞マナーを守って楽しもう!ではでは!

 

 

私のことを「信頼」して見に行くべし。「グレートウォール」感想

4月14日公開の「グレートウォール」を見た。
f:id:kasumigaseki0822:20170426233153j:image

何が伝えたいかって、見てほしいってことだ。

この映画の面白かったところを箇条書きにすると、

・マットデイモンかっこいい

・リン司令官お美しい

・主人公と相棒の協力アクションやブロマンス描写が美味しい

万里の長城は実はこの目的のために存在していたのだ……という厨二設定がいい

・いろんな怪獣映画に影響受けてそうな「饕餮」(とうてつ)の描写がいい

・非現実的さと目新しさで「バカっぽい」と「カッコいい」の中間を行く中国三千年の戦闘スタイル

・気持ちよすぎるくらいストレートな英雄譚(ご都合主義上等!)

ウィレム・デフォーのコスさと顛末が最高!

 

その他もろもろ盛りだくさんな映画であった。

大作映画の面白いところを少しずついろんな種類食べられるバイキングみたいだった。

1800円で食べ放題。コスパよし。

公開前の宣伝も少なく、ツイッターなどでの感想も少なく、その他GW大作に埋もれてしまっている。

美女と野獣」が満席でなかったら、私も見なかったかもしれない。

しかしこれこそ娯楽を求めて映画館に来る消費者の需要に答えた映画である。

GWぜひ見に行ってほしい!

 

饕餮」というあのモンスターは、実際中国の伝説の生き物として存在しているらしいね。

マットデイモンさんは劇中「2回置いてかれたことがある」と言っていたが、どこかの氷った惑星や火星に置いてかれたことを指していたのだろうか。

とにかく面白さしかなかった。見てよかった。

 

 

【個人記録】2017見た映画まとめ【随時更新】

※リンク付きタイトルは該当記事に飛びます。

劇場公開最新作

01. 「ザ・コンサルタント

02. 「マギーズ・プラン」

03. 「沈黙」

04. 「恋妻家宮本

05. 「破門」

06. 「ドクター・ストレンジ

07. 「スノーデン」

08. 「マグニフィセント・セブン

09. 「ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち」

10. 「ナイスガイズ!」

11. 「サバイバルファミリー

12. 「彼らが本気で編むときは、」

13. 「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

14. 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」

15. 「LA LA LAND」

16. 「アサシン・クリード

17. 「哭声 コクソン

18. 「モアナと伝説の海」

19. 「SING」(吹き替え版と字幕版で2回)

20. 「3月のライオン 前編」

21. 「キングコング 髑髏島の巨神」

22. 「パッセンジャー

23. 「ムーンライト」

24. 「レゴバットマン ザ・ムービー」

25. 「はじまりへの旅」

26. 「LION/25年目のただいま」

27. 「夜は短し歩けよ乙女

28. 「ハードコア

29. 「名探偵コナン から紅の恋歌

30. 「T2 トレインスポッティング

31. 「グレートウォール

32. 「帝一の國

33. 「3月のライオン 後編」

34. 「美女と野獣

35. 「スプリット」

36. 「クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」

37. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

38. 「夜明け告げるルーのうた

39. 「フリーファイヤー」

40. 「カフェ・ソサエティ

 

 

旧作

01. 「ナイトミュージアム」

02. 「メガマインド」

03. 「男子高校生の日常

04. 「アンダー・ザ・シャドウ」

05. 「ハッシュ!

06. 「ナイトミュージアム2」

07. 「きみはいい子」

08. 「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

09. 「十二人の怒れる男たち」

10. 「GANTZ:0」

11. 「SHAME」

12. 「ハッピーフライト

13. 「葛城事件」

14. 「ハッピーボイス・キラー」

15. 「追憶と、踊りながら」

16. 「トレインスポッティング

17. 「駆込み女と駆出し男」

18. 「イップ・マン 序章

19. 「ワイルド・スピード

20. 「映画クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王

21. 「ワイルド・スピード X2

22. 「ライト/オフ

23. 「クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝」

24. 「ザ・フライ

25. 「超高速!参勤交代

 

再見

「レゴムービー」

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

 

人生は続く。生きていかなければいけない。「T2 トレインスポッティング」感想

4月8日公開の「T2 トレインスポッティング2」を見た。

※ネタバレ注意!

f:id:kasumigaseki0822:20170422075555j:image

最近は前作を見なくても楽しめる続編が多いけど、この作品は1996年の「トレインスポッティング」を見ていないと話がわからないので、予習した方がよさそう。

 

物語は前作で大金を持ち逃げしたレントンが、いきなり20年後故郷に戻ってくるところから始まる。

1万6000ポンドも手にしたのに、その後のレントンの人生は順風満帆とは言えなかった。

職を失い、40代半ばにして身よりもおらず、何か拠り所を求めて懐かしい友人たちの前に姿を現すのである。

レントンの裏切りは友人たちの人生を狂わせた。作中で彼らはそう言ってレントンを責める。

ベグビーは刑務所、シックボーイはくすぶって汚い仕事に手を染め、スパッドは薬物中毒……レントンが裏切らなくてもそうなっていた気もするが。

とにかくレントンは戻ってきた。

そして昔と同じような生活に身を浸し始める。

 

私にはレントンという人物がわからないのである。

時に彼の目の前には主人公と呼ぶにふさわしいようなチャンスが転がり込む。

就職したこともあるし、大金を手にして一度は「普通の幸せ」を手にした。

今作ではヴェロニカに体を許されたが、それは「現代からの受け入れ」であるのだ。

レントンにはいつでも前に進む選択肢が見えていたはずである。ダイアンとの恋愛だってそうだ。目の前に転がったそのチャンスを掴めば、また違う人生があったかもしれない。

しかし、彼はそれを掴み取らない。

掴み取ったとして、破滅を享受し同じところに戻ってきてしまう。

なぜなのだ、レントン

それはきっとクズとして育ちクズに囲まれクズでいることが楽だからかもしれない。

 

作中ですごく好きなシーンがある。

それはスパッドが部屋の改装に熱中し、やがて薬物のことを忘れていくシーンである。

序盤レントンに「何かに夢中になればやめられる」とアドバイスされ、そのまま素直に話を聞いてボクシングをやりにいく。

当然うまくいかないが、スパッドのその素直で純粋な心に胸を打たれた。

彼はほんとうに薬物をやめたいのだ。愛する妻と息子に会いたいのだ。

そんなスパッドが本当に楽しそうに夢中で作業をする。

作中一番と言っていいくらい明るく幸せなシーンである。

彼に救いがあるのは当然だ。だって、「スパッドは根がいい」から。前を向いて進んでいける。

 

対象的なのはベグビーである。

彼は20年間閉じ込められ、おそらくレントンへの憎悪にとらわれ続けていた。

前に進むことができず、久しぶりに再会した息子や世間とギャップを感じても、当たり散らすばかりで理解には及ばない。

興味深いのは2009年のインタビューで、ダニーボイル監督が「ベグビーはゲイ」と明言していることである。

そういう前提を持って「T2 トレインスポッティング」を見ると、ベグビーがレントンに抱いていた感情を深読みしてしまう。

まさに「愛憎入り交じって」いたのかも。

もしベグビーがレントンを特別視していたとしたら、「ベグビーには良心が痛まなかった」「ベグビーはいい、」というような作中のセリフが鋭いナイフのように思えてくる。

それをスパッドの書いた自伝という形で目にしてしまったベグビーはどう思っただろう。

宙ぶらりんになったレントンにしがみついた時何を考えていたんだろう。

 

彼は結局刑務所に逆戻りで、変われないでいるのかもしれない。

だけど、レントンを追いかけながら勃起したあの瞬間変わることができたのだと私は信じたい。

自分も思っていた自分とは違うのだと気づけたことが、息子と和解するきっかけになったと思うのである。

 

レントンたちは20歳年をとったけど、「トレインスポッティング」も「T2 トレインスポッティング2」も、ラストで描いているテーマは同じ。

人生は続く。

生きていかなければいけない、ということ。

20年後に60代になったレントンたちで「T3」やってほしいっていう意見があったけど、そういうことだったのね。

前作よりキャラクターを深掘りしてるので、彼らをもっと好きになれる素晴らしい続編だった。

今年ベスト候補!

 

 

 

なぜ人はコナンを見に行くのか。大盛況!「名探偵コナン から紅の恋歌」感想

4月15日公開の「名探偵コナン  から紅の恋歌」を見た。
f:id:kasumigaseki0822:20170421091435j:image

かなり見に行っている人が多いらしい。

アニメ映画といえどなぜかコナンだけは、周りの目線を気にせず「見たい」と公言できる風潮があり、普段アニメを見ないような人も映画館に足を運ぶというのが前から不思議だった。

この作品でも客席を埋めていたのは子供ではなく成人している若者たちであった。

 

子供の頃から慣れ親しんだアニメの映画化だから足を運びやすいというのは、ドラえもんクレヨンしんちゃんでも同じである。

しかし幼稚園児や小学生が主人公のアニメ映画は、きっと少し子供っぽすぎるのだろう。

高校生探偵が主人公で、大がかりな仕掛けの難事件を解決するストーリーの映画と言われると、コナンじゃなくても見たくなる。面白そうだ。

もちろんドラえもんクレヨンしんちゃんも大人が見て十分楽しめるクオリティの高い映画をどんどん作っているのだけど、

第一印象として、コナンは「外れがなさそう」である。

「期待」というよりは「信頼」を持って人はコナンを見たがるのかなと思う。

 

今の日本はほとんどの人が、一年に一回も映画館に足を運ばないらしい。

たまにイベントとして映画館に行く機会があれば、やはり外れはひきたくない。

「コナン」という選択肢は行きつけのレストランだ。美味しいのはわかっている。

だから皆デートで、友人同士で、家族で、コナンを見るんじゃないか。

 

という風にも思うのだけれど、綾小路刑事のようなマイナーなキャラクターの登場に湧くおねえさんたちとか、

一人で熱心に見に来ている妙齢の女性などもいたので、アニメコンテンツとしての盛り上がりの衰えなさも強く感じた。

それに「から紅の恋歌」は、百人一首対決の演出や犯人の動機の切なさなど、特出していいなーと思うポイントが多い面白い映画だった。

(一葉と平次の回想とかな~ずるかったな~)

 

コナンは信頼に答えてくれた。

久しぶりにコナンや蘭たちに会えて嬉しかったこともあり、そりゃあみんなコナンを見に行くよなあと思ったのであった。

 

閉話休題。

 

 

 

アイスブレイクが見たい。はじめてのワイスピ①「ワイルド・スピード」

4月28日に公開される「ワイルド・スピード アイスブレイク」が見たいので、過去作を予習することにした。

えっ、これで8作目? そんなに?

先は長そうであるが、まずは一作目「ワイルド・スピード」(2001)を見た。
f:id:kasumigaseki0822:20170417090116j:image

さる2015年にスターウォーズやマーベルシネマティックユニバースなどのシリーズ物の面白さに初めて触れた。

ワイルド・スピードトランスフォーマーも、見始めればきっと面白くてどっぷりハマり込むだろうとわかってはいた。

であるがなかなかまとまった時間が作れず、なんとなく先延ばしにして今。

新作が公開される今こそワイスピ入門するチャンス!とばかりにHuluを開いたわけである。

トランスフォーマーも新作の公開を控えているので、ワイスピのあとはそっちに入門する予定。

 

ところで、ワイスピといえば「スキンヘッドの登場人物が多すぎないか」という印象を抱いていた私である。
f:id:kasumigaseki0822:20170417090638j:image

ところが一作目「ワイルド・スピード」にはヴィンディーゼルただ一人しかスキンヘッドが出てこなかった。

これから回を重ねるごとにどんどんスキンヘッドが増えていくのか。

最大何人のスキンヘッドをチームに抱えることになるのか楽しみである。

(ワイスピファンの人が気を悪くしたらごめんなさいね)

 

トーリーは主人公の刑事ブライアンが、頻発しているトラック強盗の犯人と思われるチームに、身分を隠して接触するというもの。

潜入捜査の任務に当たりながら、ブライアンはリーダーのドミニク他、チームの面々と親しくなっていく。

ブライアンの正体がドミニクにバレるシーンが好きだ。

信頼している相手に裏切られたと気がつき、ブライアンに憎しみのこもった目を向けるドミニク。

しかし、目の前の怪我人を助けるために言葉を止めることのないブライアン。

目を合わせた二人はあの時一体どんな気持ちだったのだろう。

 

ブライアンに「MITに入れる」とまで言わしめた設計技術を持つジェシーが気になった。

彼はADD(注意欠陥障害)を持っていて、勝負に負けたパニックで後先考えず逃げ出してしまったりする。

幼い面持ちで心優しい。ジェシーというキャラクターに共感した。

彼はラストで負けた相手に撃たれてしまう。

あの後どうなったのだろう。

生きて、続編にも出てくれると嬉しい。

 

ワイスピ一作目、想像と結構違っていた!

好き度

★★★☆☆

すごく面白かったが、今後に控えた作品に期待して真ん中評価で!

 

責任者はどこか!傑作アニメ「四畳半神話大系」感想

現在公開中の「夜は短し歩けよ乙女」を見て、久しぶりに見たくなったので「四畳半神話大系」を見た。

f:id:kasumigaseki0822:20170417001040j:image

四畳半神話大系」は森見登美彦が書いた同名小説を元にしたアニメ作品である。

監督は「クレヨンしんちゃん」映画シリーズでおなじみの湯浅政明だ。

当時も今も変わらずアニメファンに強く支持され続けている。

 

森見登美彦の特徴的な文体と、湯浅政明のこれまた特徴的な作画演出。

合わさった時に完成度の高い作品になるのは最早必然にも思える。

夜は短し歩けよ乙女」でタッグ再びだったが、もちろんその化学反応は健在だった。

夜は短し歩けよ乙女」が気に入った人は「四畳半神話大系」を、「四畳半神話大系」が好きな人は「夜は短し歩けよ乙女」を見るべきだと強く勧めたい。

現に、二つの作品は設定や登場人物などリンクする部分も多いのだ。

特に一部キャラクターは声優まで同じである。劇場、あるいは最寄りのTSUTAYANetflixへ急げ!

 

しかしまあ「四畳半神話大系」は何度見ても10話11話の怒涛の畳み掛けが素晴らしい。

1話2話だけ見てなんとなくで離れてしまうのはもったいない。

君の名は。」とか「バタフライエフェクト」とかが好きな人は絶対に好きだと思う。

さりげなく配置された伏線の数々が収束していくのが気持ちいい。

監督の作風であるシュールな演出かと油断していると、それも実は伏線で最後に呆然とするかも。

 

ちなみに「夜は短し歩けよ乙女」は乙女と冴えない男が運命の赤い糸で結ばれている話だが、

四畳半神話大系」は冴えない男と冴えない男が運命の黒い糸で結ばれている話なのである。

 

特に最終話のこの部分が好きだ。

こうしてみると人間とは実に奥深く、多面的なものである。表面しか見ずに早合点して人を蔑むのはあまりにもったいない。回り込めば思いがけない側面が見えてくる。

彼は小津の「妖怪と見紛うような」一面しか見ていなかった。

彼もまた小津と同じような「顔」を持っていた。

不満だと嘆いていた現状も別の側面から見ればまた幸福でもあったと彼は知り、嘆くことをやめ自ら幸せへと踏み出す。

 

本当に素晴らしくまとまっていて不条理で類を見ない作品だ。

夜は短し歩けよ乙女」で数年のブランクを経て同じ感覚を味わえたことが嬉しい。

来場者特典で小説がもらえるが、15日から 別バージョンに切り替わっているらしいので、もう一回見にいくか考えているところ。