読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を食べるたぬきのブログ

映画メイン。あとは日常つらつら

國村隼演じる「日本人」の正体とは。映画「哭声/コクソン」ネタバレレビュー

※最初から最後までネタバレです。
f:id:kasumigaseki0822:20170314231258j:image

韓国映画「哭声/コクソン」を見た。

どうしても國村隼演じる「日本人」の正体が悪霊だとは思えない。

その理由と、彼が悪霊ではないことから導き出される推論を書いていく。

 

理由①「現実」と断定できる場面で悪霊的な行動をとっていない

思い返せば「日本人」が異常で恐ろしい行動をとっているのは、想像や夢のシーンばかりである。

彼が山の中で鹿の生肉を食らっていたシーンも、楽しげに話していた女性に対して性暴力をふるったシーンも、尾ひれのついた噂話や恐怖を感じた誰かの空想でしかない。

「現実」の「日本人」は、言葉が通じず得たいの知れない存在ではあった。しかし、疑心にかられて暴力に走るジョングを前にしても悪霊としての表情を見せることはなかったのである。

実際作中で神父が「見たんですか?」と主人公たちに問いかけてもいた。

 

理由②人間的な振る舞いを垣間見せる

例えば呪い(祈祷?)に使うニワトリを購入するシーン。言葉が通じないのにねぎろうとする。店の女性に「頑固な人だね(うろ覚え)」と言われる。

あるいは、逆上したジョングたちに追われ山の中を逃げ惑うシーン。物陰から隠れて様子を伺い、気づかれて逃げ出す。必死の形相で走る「日本人」。彼は生きるために無様にも岩肌にへばりつき、力尽きて地面に落ちてしまう。苦悶の表情だが、声を殺す姿。

そんな描写を見て彼が悪霊だなんてとても思えなかった。

人間的な悪霊だっているかもしれないが。

映画の中で何度も「彼が人間である可能性」を投げ掛けているのではないかと感じた。

 

理由③ゾンビを操っているわけではなかった

「日本人」はジョングたちを襲うゾンビをけしかけていたわけでもなく、ただ見ていた。彼がゾンビを作った描写もなく、むしろトラックから死体が消えていることに驚いていた。

「悪霊でも操れない」のか、「悪霊じゃないから操れない」のだろうか?

 

理由④手に杭を打ったあとがある

物語終盤でイサム(キリスト教徒の若者)が「日本人」と対峙する。

その手のひらには杭を打ったような穴が。

ちなみに「コクソン」の冒頭で引用される聖書の一文は以下の通りである。

なぜうろたえているのか。どうして心に疑いを起すのか。わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしだ。触ってよく見なさい。亡霊には肉も骨もないが、あなたがたに見えるとおり、わたしにはそれがある。

一度死んだイエスが復活した時に、帰還を信じない弟子を諭した言葉だ。「日本人」は恐れおののくイサムに似たような台詞を言う。

一度死んだはずの人間が実体をもって甦る。その手のひらには磔のあと。「日本人」はイエス・キリストとして描かれ、イエスは決して悪魔ではない。

キリスト教を学ぶイサムが見た恐ろしい幻覚かもしれないが、この時の「日本人」は悪魔の姿をした何かなのである。「日本人」=悪魔=娘を殺そうとした黒幕という裏付けにはならない。

 

以上が「日本人」は悪霊じゃないと思う理由だ。

 

では、ほんとうに彼が悪霊ではなかったと仮定して、「コクソン」のストーリーを紐解いてみる。

 

祈祷師が電話で言っていた内容は真実

「日本人」は悪霊を退治するために村に滞在していた祈祷師だった。

被害者の私物を集めていたのも、鶏を購入して怪しげな儀式をやったのも、村人たちを守るため。

(日韓祈祷合戦的な場面では、二人とも同じ儀式をしていた。祈祷師は間違った人物に「殺」を送り、悪霊に「殺」を送るための「日本人」の祈祷を邪魔してしまったのかもしれない)

悪霊がムミョンであるかどうかは決定的ではないが、少なくとも「日本人」ではなかったと思う。

 

車にひかれて確かに死んでいた

ジョングたちの車にひかれて崖からおとされた時点で「日本人」は死亡していた。

その死因には直前に関わった白い服の女ムミョンが関係していると思われる。

 その後の「日本人」が登場するのは、イサムと洞窟の中で問答するシーンのみである。恐らくあの彼は幻覚であり、概念としての「悪魔」がキリスト教徒のイサムの目を通して実体化したものだと考えた。

 

異端者だから疑われた

村という閉鎖空間の中で、外部から来た「日本人」は異端者である。

何か起きたら真っ先に疑われるし、あることないこと勝手な噂を立てられる。村の人々は異端者の悪口に花を咲かせ、その閉鎖性を増幅させていく。

「日本人」は排他的な村人たちのあり方に慣れていた。犬を殺されても、諦めたようにただ座り込んでいる。村に来た理由を問われても「言っても信じないだろう」と黙り混む。

そんな「日本人」の姿は、マーティン・スコセッシ「沈黙」後半のアンドリュー・ガーフィールド演じるロドリゴ神父と重なった。

もう何を言っても何をしても無駄だと諦め、心を殺して暮らしているのである。

彼にとっては勝手に自分を疑い逆上した村人が家に押し掛けることくらい、日常茶飯事だったのかもしれない。

 

ラストの「悪魔」とそれまでの「日本人」は全く別物なのでは

要するに、この記事で私が主張したいことはこれである。

「日本人」は村人にとって異端者であるがゆえに、もっと大きい何か(ムミョンが悪霊で呪っていたかもしれないし、幻覚キノコのせいかもしれない)が起こした惨事の犯人だと思い込まれてしまった。

誰も彼を信じることなく、襲われて死んだ。

もしイサムが「悪霊ではない」「悪魔ではない」と信じたならば、洞窟の中で彼はイエス・キリストに姿を変えたかもしれない。

 

主人公ジョングは結局誰のことも信じられなかった

鶏が三度鳴いたら帰っていいとムミョンに言われ、疑いと信じる気持ちの間で揺れるジョング。

明らかに聖書のこの一文からきている。

ペテロは「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われた言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた。

鶏は誰かに疑いを持ったときに鳴くのである。

誰が疑いを持ったか。ジョングである。誰に疑いを持ったか。ムミョンか祈祷師か。その疑いのために彼は家族を失い深い後悔に暮れる。

 

まとめ

信じることの難しさと根拠なく疑うことの恐ろしさを描いた本作。

いろいろな要素がごちゃまぜになって観ている方は混乱するが、そこまで含めて監督の狙い通りであるらしい。

國村隼さん演じる「日本人」の演技が素晴らしいのと、同じ日本人であるという贔屓目から彼に共感してしまい、今回の記事を書いた。

「日本人」が悪霊だと信じたくなかったのである。でも、あながち間違ってないんじゃ?

いろんな人のいろんな解釈を読みたくなる映画だった。

公開館数は少ないけど、たくさんの人に見てほしいな。

 

ブログタイトルとデザインを変更しました。

雑記

ブログタイトルがわかりづらいと思ったので、変えました。

「あたりまえビート」→「映画をたべるたぬきのブログ」になりました。

 

そもそも、当たり前のことが当たり前にできるようになりたくてはじめたブログだったので、こんなタイトルでした。

ブログを続けているうちに、やっぱり映画のことが書きたくなって。

映画のことばっかり書いてます。

これからも映画のことをたくさん書けたらいいな、映画が好きな人がたくさん来てくれたらいいな。

 

デザインはついでに。春色。

2017年3月気になる映画

映画

3月は春なのか冬なのか。個人的には春のイメージかな。卒業式は春がいい。

3月公開の気になる映画紹介です。

 

3月4日

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

f:id:kasumigaseki0822:20170302123505j:plain

センスのいいコピーとポスターデザインに惹かれて。主題歌の平井堅「僕の心をつくってよ」も相まって傑作の予感。これこそドラ泣きなるか。

以下、他パターンのポスターデザイン。ドラえもん映画でこれをやるの、すごい。

f:id:kasumigaseki0822:20170302124038j:plain f:id:kasumigaseki0822:20170302124048j:plain

f:id:kasumigaseki0822:20170302124109j:plain f:id:kasumigaseki0822:20170302124143j:plain

f:id:kasumigaseki0822:20170302124211j:plain f:id:kasumigaseki0822:20170302124238j:plain

f:id:kasumigaseki0822:20170302124308j:plain

最後の一枚なんか、ドラえもんキャラクターが1人も描かれてない。

見れば見るほど、聞けば聞くほど、映画としての本気が感じられて、楽しみでしょうかない。これは久しぶりにドラちゃんと映画館で会うべきタイミングかもしれない。

 

もちろん、映画に合えばいいなとは思っていましたが、無理に気に入られようという気持ちは排除して、きれいごとじゃないラブバラードにしようって思ったんです。ずるさとか、言葉として100パーセント清らかじゃないフレーズを入れたくて、その部分は僕の中で貫きました

平井堅、“ドラえもん”に「媚びないこと」がテーマ 主題歌に込めた思い - エキサイトニュース

うお~みんな本気だ。楽しみだね。

 

3月10日

「モアナと伝説の海」

f:id:kasumigaseki0822:20170302125034j:plain

アナと雪の女王」「ズートピア」に続くディズニー最新作ということで、期待大。特に楽曲の良さはもう保証されたも同然だからな。

主人公モアナの日本語吹き替えは沖縄出身の新人・屋比久友奈さん。彼女の歌声も見所のひとつ。

f:id:kasumigaseki0822:20170302130028j:plain

モアナとマウイの恋愛描写はあるのかな?

白雪姫から近年のラプンツェルに続くようなディズニープリンセスの「恋愛至上主義」展開から脱却して欲しいなあという思いがある。

女性が主人公なら恋愛は不可欠、とでもいうような。

「アナ雪」姉妹愛がメインテーマで、クリストフとの恋愛はおまけという革新的な作品だった。(カーズのマックイーンがサリーと結ばれる、程度のエッセンス)(そこに恋もある、程度の描き方)

ズートピア」は人種の違いや差別を掘り下げたテーマ性と、対等な男女のバディームービーという点では最高だったけど、やっぱりそこに恋愛が発生する着地にちょっとがっかりしたのも記憶に新しい。

メリダとおそろしの森ディズニープリンセス作品でありながら恋愛要素一切なしの異色作品であったが、興行伸びず。

というわけで「女はやっぱり恋愛」ではない作品が新たに生まれて欲しいという思いと、マウイのようなとても美形「かっこいい」とは言えない(失礼)顔立ちの王子様が生まれるというのも、また革新的なんじゃないかという思いがぶつかってるんだよなー。

そもそもがディズニープリンセスこそ「見た目至上主義」というかまあ当たり前なんだけど映画のヒロインって美女しかいないわけで。

というわけでどっちにしろ新しい何かを期待してます。見に行く。

 

3月11日

f:id:kasumigaseki0822:20170302131407j:plain

いきなりみんなが國村隼を怖がり出したと思ったら、韓国でこんな映画が公開されていた。もはや語り継がれているレベルの國村さんの怪演に震えるために映画館に行かねば。

実を言うと韓国映画童貞なので、これにて卒業予定。

 

3月17日

「SING シング」

f:id:kasumigaseki0822:20170302131746j:plain

待ってました!!!

大好きなイルミネーション・エンタテイメントの最新作で、音楽映画で、「負け犬たちのワンスアゲイン」ものってだけで100点の3乗なのに、吹き替えキャストが発表されるたびにワクワクが上乗せされていくよ。たまらん。

主人公コアラに内村光良さんがキャスティングされたときは「そう来たか!」と思ったもんな。そっからはウッチャンにしか見えない。

日本語吹き替えキャストをずらっと見ていくと、明らかに歌唱シーンに特化した布陣。会話シーンはどうなんだとかいらん心配はいいんですよ。やっぱCGアニメは芸能人吹き替えがほしい。一気にキャラクターに愛着が湧くから。歌唱シーンに関しては一切の不安がないわけですもん。いいじゃんいいじゃん!

もちろんマシューマコノヒー&タロンエガートンは大好きだけど、CGアニメは、吹き替えで見るって、決めてるんです。絶対見に行く。

 

3月18日

3月のライオン 前編」

f:id:kasumigaseki0822:20170302132706j:plain

いつもの神木隆之介さんが見れそう。

2017年の漫画実写化作品、「ジョジョ」とか「ハガレン」とか「銀魂」(これ結構楽しみ)危惧されているものもたくさんあって、TLでは「ついに固定ファンもいかない実写化の時代が来た」とか言ってたけど、きっとこの作品は外れないんじゃないか。

だってキャストを見てくれよ、日本映画として全力を出してないか。

何より「バクマン」の神木隆之介さんだよ。

昨年の「ちはやふる」の時の感覚をもう一回与えて欲しい。

昨年末公開された「聖の青春」と合わせて見るのもよさそう。

 

3月24日

f:id:kasumigaseki0822:20170302133223j:plain

はいはい見に行きますよ案件。

監督は「イミテーション・ゲーム」の人なのか。好きな作品なので楽しみ。

 

3月25日

キングコング 髑髏島の巨神」

f:id:kasumigaseki0822:20170302133659j:plain

なんだこのポスターは!最高でしかない!

日本の特撮、アニメ、漫画、ゲームを愛した監督のオタク度は、「シン・ゴジラ」の樋口監督が涙するほどらしい。

eiga.com

ポスターを手がけたのは怪獣絵師の開田裕治さん。

一目見て「すばらしい!」と絶賛した監督の今後の活躍に期待したいね。

ちなみに日本語吹き替えキャストに対しての批判も多少見たけれど、GACKTさんは大丈夫。マジで安心して欲しい。GACKTさんは大丈夫だから。

 

あとは「アサシンクリード」「エイミー、エイミー、エイミー!」「チア☆ダン」「ひるね姫」なども気になるところ。

一本一本の楽しみ度が高いな~。今月。

見逃さないように計画的に鑑賞していきましょ。

 

【映画】「サバイバルファミリー」

映画

※ネタバレ注意
f:id:kasumigaseki0822:20170226082541j:image

見ながら、「ああまた震災の話だ」と思ったんだよな。

もちろん日本でディザスタームービーを作るにあたって、ほんの6年前本当に起こった災害に影響を受けるのは当たり前なんだけど。

 

たとえば「シン・ゴジラ」は明らかに震災当時の状況を意識して描いてる。

「一度倒れても、また立ち上がれるよ、そういう国だよ」というメッセージも、震災後の日本へ向けたものだ。

人間が立ち向かってもどうにもならないようなゴジラという驚異に、観客があれほどの実在感を抱いたのも、震災があったからだ。

そうだったそうだった、最初は半信半疑で、どんどん被害が増えていって、やっと危機感を持ちはじめて、そう、この感覚覚えてる、と。

 

「サバイバルファミリー」はこの感覚覚えてる、を煮詰めて広げて深掘りして、ユーモアのエッセンスをふんだんに加えた、

秀作ディザスターコメディだった。

 

たとえば、事が起こったあとの学校シーン。

近くに住んでる生徒は出席できるけれど、電車で通っている生徒の席は空いている。

先生も到着するのか微妙。

まだ事態の重大性に気づいていない若者たちは、ちょっとの不安と「学校休みになるかもしれない」という期待に興奮する。

私も震災当時高校生だった。

すごく覚えのある感覚だった。

 

それから、スーパーマーケットのシーン。

なんとなくの不安に押されて、水や電池を買い求める客がお店に殺到する。

会計の列はいつもに比べて大分長い。

電気がないので、暗い店内。

当時、私はドラッグストアでアルバイトもしてたのだ。

計画停電で暗い店内、通路を埋め尽くすようなすごく長い列を解消するために、手計算でレジを打った。これも覚えてる。

 

ある日いきなり原因もわからず電気がなくなる、なんていうトンデモ設定なのに、ありえるんじゃないかとリアリティーを感じてしまうのは、

私たちが震災を経験したあとの日本人だからだ。

ゴジラに実在感を抱くようになった私たちが今後目の当たりにする映画は、どんどん変わっていく。

そこにいつもきっと震災がある。

アメリカを舞台にした映画のそこかしこに9.11の影があるのと同じ。日本にもそういうバックボーンができてしまったのだ。

 

「身に覚えがある」という感覚をより広範囲でカバーするために、主人公を家族4人にしたところがすごい。

おじさんも女子高生も共感できる、老若男女が楽しめる映画になってる。

あとは、古典的なヅラネタでちゃんと笑えるトーンになってたところも。全然サムくなかった。

 

これからどんどん、今の日本ならではの新しい切り口の作品が生まれると思うと、楽しみでしょうがない。

 

 

箱根に旅行にいってきた。

雑記

箱根旅行に行って来ました。

神奈川県在住なので片道1時間程度の距離。気楽なのんびり旅でした。

あいにく2日目は大雪に見舞われ、かなり寒い中の観光になりましたが、それはそれで箱根の風景が真っ白に染まったところが見られてよかったです。

 

以下、写真をのっけようと思ったけど、のんびりしすぎてあんまり撮ってない笑


f:id:kasumigaseki0822:20170213093204j:image

箱根ファースト飯。

f:id:kasumigaseki0822:20170213093339j:image

f:id:kasumigaseki0822:20170213093542j:image


f:id:kasumigaseki0822:20170213093614j:image


f:id:kasumigaseki0822:20170213093631j:image

念願の彫刻の森美術館。楽しかった。

 
f:id:kasumigaseki0822:20170213093850j:image

帰りのロマンスカーで食べたプリン。卵濃厚だった。

 

他にも強羅公園行ったり箱根湯本散策したりステキな旅館に泊まって温泉やブッフェを楽しんだりしたんだけど、写真撮るの忘れまくってる。

それも私らしいかな。また行きたい。

 

【映画】「恋妻家宮本」

映画

※ネタバレ注意
f:id:kasumigaseki0822:20170213091015j:image

この映画を見てからずっと頭から離れないシーンがある。何度も反芻して噛み締めてるセリフがある。

物語の後半、主人公・宮本陽平が教え子の祖母に厳しい言葉をかけられたときのセリフ。

 

「正しい。正しいけど優しくない。正しいと正しいはぶつかる。戦争も起きる。優しいと優しいはぶつからない」

 

「恋妻家宮本」はほんとに良い映画で、

ザ・ニッポンのドラマって感じのやりすぎ伝えすぎ演出もご愛嬌な、

私たちの生活と地続きの愛すべき作品だった。

 

日頃何にも考えず生きていても、「正しい」を振りかざす人にぶち当たることが何度もある。

「正しい」からって、人の心を傷つけても良いだろうか。そこにある感情や葛藤を無視していいだろうか。「正しい」をふりかざして他者に押し付けることは簡単だ。悩まない。苦労もない。(おばあちゃんはそこに行くまでにいろいろありそうだったけど)それってなんだか「正しくない」。 

劇中、宮本陽平は自分がいつも優柔不断なことを指してこう言う。

「相手にとって優しい選択をしたい。だから悩むんだ」と。

 

物語は陽平と美代子の熟年夫婦が、自分達の選択を見つめ直し、新たに選択する物語だ。

これからも何度も私は、こう言ってやりたい人に出会うだろうな。

「正しいけど優しくない」って。

でもそんな人に対しても優しい選択ができたらなあ。

 

なんだか自分の両親の恋愛話を聞かされるような気恥ずかしさ、ちょっと時代遅れの価値観なんかを突きつけられて「おお~」とも思ったけれど、

そんなの補ってあまりあるようなほっこりした優しい映画でした。

エンドロールのダサくていとおしい映像もよかった。

 

 

 

1月後半読んだ本etc.

読書

2017年1月後半に読んだ本。基本Kindle

 

31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる (ウィングス・コミックス)
 

彼氏ができない、結婚したい=婚活になかなかつながらないなあ。周りにしてる人がいるかいないかで大分ハードルの高さ変わってきそう。

結果としていい人に出会って幸せになってるわけなので、侮れない。

旦那さん側が書いたバージョンも出てるっぽいね。

 

女子をこじらせて

女子をこじらせて

 

昨年11月に亡くなった雨宮まみさんにはじめて触れた。思ったよりずっと共感してしまった。

男になりたいわけじゃないけど、女になれない。女として侮られたくないけど、女として魅力的に見られたい。

「こじらせてる」ってそういうことだったのか。漠然と言葉のイメージだけで捉えていたけど、バックグラウンドを知れた気分。

若い頃、WEB上で自己紹介するとき、「生物学的には女」ってよく書いたね。あれ、半分冗談で、半分本気だったね。「女」として胸が張れなかったんだよな。

腐女子あるあるとして黒歴史的に処理されがちだけど、モヤモヤぐるぐるした自意識がそこにあったこと、忘れたくないね。

雨宮まみさん、他の本も読みたい。

 

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

 

kindle unlimitedで読み放題だったので。

ハリーポッター、全巻のうちどれが一番好きかと聞かれたら、今も昔も賢者の石を選ぶなあ。

マグルの世界でいわゆる「普通」の生活をしていたハリーが、はじめて魔法・魔法使いたちに触れ、自分のルーツに気づく。

ダイアゴン横丁やホグワーツにはじめて足を踏み入れたときのワクワク感といったら!!

「ファンタスティックビースト」でも、ノーマジのコワルスキーの目線で同じワクワクが味わえたよね。

ウィーズリー家みんなかわいい~パーシー~ロン~。

続きもどんどん読むし、映画も見返したいな。

 

ついでに1本しか見てないので1月後半に見た旧作映画。

 

 アメリカ自然史博物館を飛び出して、もっと広大なスミソニアン博物館へ。こうなったらもうなんでもあり。ダースベイダーまで出てくるトンデモ映画。

なんとなく小綺麗にまとまってて、万人受けする感じだった前作(そこがいい)と比べて、より「ベンスティラー感」が強まってる。これもいい。

息子やルーズベルトの出番が少なかったのは不満だけど、エイミーアダムスのおしりがぷりぷりすぎてエロいのでこれはこれでいい。むしろいい。

 

あとは久しぶりにニコニコ動画クラッシュバンディクーの実況を見たりしてました。

また次回~。